依然として炸裂中のトランプ節とFX投資 その2

トランプ氏がアメリカの大統領に就任したことは、様々な意味で世界に大きなインパクトを与えています。

2017年に最も世界で注目された人物は誰か?と聞かれたら、年末の頃には間違いなくトランプ大統領という結果になるでしょう。

そのトランプ大統領への期待感から、アメリカの株高が続いています。なんとダウ平均が2万ドルを突破したというのですから、過熱気味であると言うほかありません。トランプ大統領の保護主義的な経済政策がアメリカの企業に恩恵をもたらすと考えていると思いますが、これはどう見ても異常です。

なぜなら、トランプ大統領が誕生したという以外に、アメリカ企業の株価を押し上げるような好材料は特に出ていないのですから。特にビッグ3と呼ばれる自動車メーカーの銘柄については、むしろ逆風のほうが大きいと思うのですが、トランプ大統領がビッグ3の経営者たちと会合を設けたというだけで株価が上がるのですから、これはもはやバブルです。

バブルが行き着くその先については、私たち日本人がよく知っています。バブル発生前よりも悲惨な経済が待っています。今の中国を見ていると、そのことが改めて証明されていますね。

ここからはトランプ大統領という最強のファンダメンタルズ要素でドル円の動きを見てみたいと思います。
トランプ相場が始まったのは、トランプ氏が選挙に勝った直後です。

当初は大暴落という様相を呈していたのですが、トランプ氏がアメリカ経済を復興させるという強い意向を明確にしたので、相場は反転しました。外為相場もそれに反応して、ドル高局面となりました。あれだけ「アベノミクスは終わった」として円高予測一色だったアナリストたちが、今度は一斉にトランプ相場で円安トレンド!と言い出したのですから、これには笑いそうになりました。

120円台を突破したドル円はその後さすがにやりすぎということで反転、110円台ミドルを行ったり来たりという展開です。これはドル円のちょうどいい落としおどこに落ち着いたということでしょう。米ドルと日本円の実力通りということです。

筆者は110円ちょっと辺りがドル円の適正レートだと思っているので、この居心地の良い場所からはあまり動かないかも知れません。それを動かすとしたら、トランプ相場が崩壊したときに訪れる「トランプ・ショック」です。まだそんな名前はどこにもありませんが、筆者はこのトランプ・ショックが必ず訪れると見ています。