FXにおける主要な5つの投資期間 スイングトレード

数秒や数分で決済まで済ませるスキャルピングや1日単位で決済するデイトレードと違い、スイングトレードは数日から1週間程度ポジションを保有して決済を行います。

ポジションの保有期間が長い傾向にあるため、なんらかの要因で市場が急騰、または急落した場合に影響を受けるリスクはありますが、その分大きな利幅を狙うこともできます。

FX取引がスキャルピングやデイトレードと比べて少ない回数で済むため、取引にかかるコストが低いといった特徴もあります。

チャートは日足や週足を参考にするといいと思います。

また、スイングトレードには数日から1週間の投資期間の他に、数か月から1年程度の中期や、1年から数年以上ポジションを保有する長期もあります。

短期間の取引であれば利益は単純に売り買いの差を考えればいいですが、数か月から1年程度ポジションを保有する中期の投資では、為替の利息も考慮する必要があります。

また、投資における判断も週足や月足だけでなく、ファンダメンタル分析も重要となってきます。

スイングトレードには短期、中期、長期の3つがあります。

長期は1年以上から数年、場合によっては10年以上もポジションを保有してトレードする手法です。

ポジションの保有期間が長期間になればなるほど、目先の値動きだけにとらわれずに、もっと大きく広い視点で取引をすることが重要となってきます。

そのためには、チャートを見るだけでなくファンダメンタル分析もしっかりと行い、それとともに経済の動向や経済に影響を与える将来的な人口の推移など、様々な世界情勢に関する情報収集を怠らず、市場予測をすることは大切になります。

以上のように長期のスイングトレードはFX取引で利益を得るために必要なことが多岐に渡るとともに、ただその瞬間の売値買値だけを考えればいいスキャルピングよりもレベルは各段にアップします。

そのため、初心者の場合は数日や数か月という期間のスイングトレードで取引や分析、情報収集においてある程度の経験を積んでから、長期に渡るスイングトレードに挑戦した方がいいと思います。