高金利通貨 トルコリラ

豪ドル、NZドル、南アランドと並ぶ日本で人気の高金利通貨と言えば、何と言ってもトルコリラです。トルコ共和国の通貨であるリラはインフレ抑制政策によって長らく高金利の状態が続いており、通貨そのものも安いことから日本人FX投資家から絶大な人気となった時期がありました。

今もその人気は根強いものがありますが、肝心のトルコリラ相場は冴えない状態が続いています。しかも、他の高金利通貨は軒並み堅調なのにトルコリラだけが独歩安となっているのが気になるところです。

トルコリラは、何度も地政学リスクに振り回されてきました。何せあのイスラム国が勢力を振るっているシリアやイラクにとても近く、国境まで接しているという事実を考えると影響を考えないほうが無理があります。さらにイスラム過激派によるテロ事件も国内で多発しており、軍によるクーデターの失敗など政情不安が相場を押し下げていることは仕方ないでしょう。

40円台で長らく踏みとどまっていた相場が30円台に突入、遂には20円台に突入するという相場展開なので、買いポジションを長期保有するのはリスクが高いと判断しています。