高金利通貨 南アフリカランド

新興国の中でもいち早く高金利通貨として人気を集めたのが、南アフリカ共和国のランドです。南アランドと表記されることが多く、日本人投資家からも人気の通貨です。

南アフリカと言えば長らくアパルトヘイト政策で世界中から白い目で見られてきましたが、その政策の撤廃や世界的な資源需要によって南アフリカの経済は高度成長軌道に突入、それに伴って金利が上昇しました。

金利の高い国には世界中から投資が集まり、それによって経済が活性化するという好循環により、日本国内でも南アフリカへの投資を前提とした投資信託がたくさん登場しました。

資源そのものの量は十分なので比較的経済も堅調ですが、南アフリカの不安材料は中国など新興経済国からの資源需要が減少することです。資源頼みの経済構造から脱却できているとは言えないので、南アフリカは今後も世界的な資源需要次第ということになりそうです。

金利については長らく10万通貨あたり70円程度のスワップが維持されており、南アランド円は7円~8円を目安としたレンジを続けているので、これが続く限りはスワップ狙いの通貨ペアとして機能するでしょう。