高金利通貨 NZドル

前回から高金利通貨の近況についてコメントをしています。
前回は豪ドルだったのですが、その次はやはり豪ドルと高い親和性を持つ同じオセアニア通貨であるNZドル円です。FX投資家の世界ではキウイと呼ばれることもある、人気の通貨です。

オーストラリアとニュージーランドは歴史的に深い関係を築いており、政治・経済の両面で密接に関わっています。為替相場でも連動性が高く、豪ドルが上昇した時にはNZドルも上昇し、その逆も然りです。

ただ、以前と比べると豪ドルとNZドルの価格差が縮小する傾向があります。以前は対円レベルで10円ほどの差があったのですが、2017年現在では3円ほどに縮まっています。マーケットはこの両通貨を同一視していると考えて良いのかも知れません。

豪ドルが2016年秋ごろから堅調に推移していることに連動して、NZドルも堅調さを維持しています。トランプ相場と呼ばれるような展開になってもそれは変わらず、安定した投資先として人気を集めています。豪ドルよりも若干スワップポイントが高いことも日本人投資家の人気を集めているので、今後も一定以上の人気は続くでしょう。