FX取引におけるリスクとは損失という意味だけではない

リスクといわれると損失を被る可能性があるという印象があり、ネガティブなニュアンスが目立つと思います。
しかし、投資の世界でのリスクは少しニュアンスが異なり、利益と損失の幅という意味合いも込められています。
投資をするということは利益を得るチャンスがある一方で、損失を被るリスクを孕んでいることを承知で行うということです。
つまりFX取引においてリスクをとるというのは、結果によって利益を得る可能性と損失を被る可能性の両方を持っている状態ともいえるわけです。
この考え方を基にした場合、ハイリスクというのはかなり危険であるという意味だけではなく、「損失と利益の幅が広く、大きく負ける可能性と大きく勝つ可能性の両方を持っている」状態のことを指すといえます。
従って、投資にはそもそも大なり小なりリスクが伴うものであり、絶対に安全な取引というものは存在しません。
レバレッジはこのリスクの幅を広げるため、言い換えると「負けた場合の損失が広がる可能性を含めて利益を享受する可能性を広げる」ために利用します。