FXトレードテクニック 両建てその11


ここまで11回にわたって、両建ての方法やメリットなどを解説してきました。

このシリーズが始まる冒頭に両建ての悪いイメージについて少し触れましたが、メリットの裏返しであるデメリットもしっかり知っておくことはとても大切です。

両建てシリーズ最終回となる今回は、両建てで失敗しないための心構えをお話ししておきたいと思います。

両建てで絶対に守っていただきたいことは、資金の余裕です。

「両建て」という言葉の通り、1つの通貨ペアに対して2つのポジションを建てることになるので、単純計算でも資金量は倍必要になります。

少ない資金でFXをしている人の中には余裕資金がほとんどないこともあると思います。

いざ両建てを発動!という時に余剰資金がなくてできないというようでは、せっかくのメリットをいかすことができません。

両建てを前提にする場合は、どんなに使っても手持ち資金の半分まででトレードをするようにしてください。

資金いっぱいいっぱいまで投資をしている人は、最初から両建て戦術とは無縁だと思ってください。

それともうひとつ、これも最初に少し述べましたが、FX取引会社の中には両建てを認めていないところがあります。

かつてのダーティなイメージを払しょくできていないと判断したのか、両建て注文を出そうとするとエラーになる取引会社を使っていると、いざ必要になった時に発動できないので事前に確認しておいてください。

ほとんどの取引会社では「両建てになります」という注意書きが出る程度だと思いますが。

以上の点を守っていただければ、有効なリスク管理になる両建てを活用してください。