トラリピを活用しよう!その7 トラリピは人間の感情が入らない

このサイトで何度も触れていることですが、人間が持っている人間臭い心理というのは、投資の邪魔になることが多々あります。
少し儲けが出ていると欲が出たり、逆に少し含み損が出ているだけで果てしなく損をするのではないかと不安になったり。
本来、こういう一喜一憂しやすい人というのはFXに限らず投資向きではないのですが、それでもここまでFXがメジャーになっている現実を踏まえると、ほとんどの人が対象外になってしまうと思います。
そんな時に、トラリピは人間の余計な心理や感情に流されない投資なので、とても理にかなっています。
なぜなら、最初にトラップとなる注文を仕掛けておいて、後は放ったらかしにできるからです。途中でどうなっているか覗き見をすることはできますが、基本的に見るだけで何もしないので、トレードの途中に余計な邪念が入りません。
コンピューターは冷徹に、最初に出された注文を淡々とこなすだけです。こうしたメリットはシステムトレードにも同じことが言えるもので、実はとても大きなメリットなのです。
次回からは、こうしたトラリピのメリットをうまく活用した具体的な投資戦術を、実際に成功している人の事例をもとにご紹介しましょう。
|