予想外の損失を避けるためにできることは2つある

レバレッジを利用しているか利用していないかに関わらず、予想外の損失は可能な限り避けたいものです。このためにできることとして、2つの方法が挙げられます。
1つ目は逆指値を利用することです。
逆指値とは、ポジションを取った時にこのラインまで下がった時は損切りのために売るという最低ラインを決めることです。
逆指値をうまく利用することができれば損失を最低限に留めることができるため、リスク管理をするには非常に有効で、FX取引をしている人であれば必ずといっていいほど利用しています。
2つ目は資産の全てを一度の投資で使わずに分散して投資することです。
分散投資といっても、円ドルとユーロドルなど複数の通貨に分散して投資してリスクを分散することは難しいので、筆者としては時間の分散投資をおすすめします。
手元に50万円の資金がある場合、まずは半分の25万円だけを投資するなどすれば、全額投資した場合よりも小さい損失で済みますし、予想外の損失も避けることが可能になります。