各国の取引時間を知れば通貨を買うタイミングも分かる

為替市場は24時間営業であり、休みという概念はありません。日本が深夜で多くの人が寝ていても祝日で休んでいても、通貨は世界中で活発に取引されています。
そのため、自分が扱っている通貨の国の取引時間を知ることができれば、その通貨が活発に取引されている時間帯も知ることができ、よりFX取引がしやすくなると思います。
アメリカドルを例に挙げて詳しく説明していきます。
アメリカドルは基軸通貨であることから、最も取引量が多いとともに、FX取引をするうえで最も重要な地位にある通貨です。
このアメリカドルが最も取引されるのはニューヨークがお昼の時間帯、日本時間では夏は20時から翌朝5時頃、冬は21時から翌朝6時頃で、これらの時間帯に円ドルが大きく動く傾向があります。
ちょうどデイトレードやスキャルピングに向いている時間帯ともいえます。
逆にアメリカドルの動きが鈍い日本時間の昼間に通貨を買っていると、寝ている間にニューヨーク市場が活発に動き出して翌朝に暴落していたということもあり得るので注意が必要です。