スキャルピングとデイトレードではスプレッドが重要

スプレッドとは売値と買値の差のことです。
スキャルピングやデイトレードでは、スプレッドを意識することが利益を得るためには重要となります。
たとえばスキャルピングとデイトレードで得た1日の利益が同じだった場合、取引にかかるコストは取引回数が多いスキャルピングの方が高くなります。
取引回数が多くなるほど取引手数料がかかることは仕方のないことですが、できるだけ利益を確保したいと思うのは自然なことです。
ならばスキャルピングよりもデイトレードにした方がいいのかとそうではなく、取引の手法はご自身の性格や取引の好み、または通貨ペアや相場に応じて決めることをおすすめします。
スキャルピングもデイトレードも、スイングトレードと比べたら取引回数が多くなるということは同じなので、なるべくスプレッドが狭いFX口座を利用した方がいいでしょう。
スプレッドの狭さはFX業者によってある程度の違いはあっても同じであることも多いので、自分に合うサービスや欲しい特典があるかどうかも合わせて選ぶといいと思います。