FX取引には損失が膨らむ可能性がある過ちがある

FX取引を始めたばかりの初心者や、少し慣れてきた頃の人でありがちな、損失が膨らんでしまう可能性のある過ちというものがあります。
それは、取引をしている途中で取引期間を変更することです。
利益が出たポジションにおいて、もっと持っていたらさらに利益を得られる気がするという時もあると思います。
または、損失が出てしまったからデイトレードからスイングトレードに切り替えたいなどといった時もあるでしょう。
しかし、もしデイトレードの判断基準でエントリーしたなら、その日のうちに決済するということは必ず守らなければいけません。
自分の都合でトレードの期間を変えることでたまたま成功してしまうと、その成功体験が忘れられず同じことをする可能性が高く、長期的に投資をすることを考えるとマイナスに働くケースが多いです。
投資に一貫性がなく、その場その場で自分が決めたルールを破る癖がつくと、継続した利益を得ることは難しくなる可能性が高いです。
従って取引が自分の思い通りに行かなかった場合は、無理に投資期間を変更するより損切りをした方が賢明だと考えられます。